缶ポックリデビューは何歳から?1歳10ヶ月の息子に缶ポックリを与えたきっかけ

缶ポックリ(stilts)

そりゃぁ車も自転車もなく最寄駅すら30分はかかる中、1歳4ヶ月からほぼ毎日のように歩かされていたら、足腰も鍛えられるはずだよなぁ…。缶ポックリは足踏みレベルだけれども、1歳10ヶ月の息子は夢中で遊んでいる。

1歳10ヶ月で缶ポックリできるの?

発達を見誤ると、足首の捻挫につながることもある。だから不安だったんだけれど、楽しんでいてなにより。

軸脚への体重移動もしっかりできること、足首もしっかりしてきたことが、息子が缶ポックリデビューするきっかけだった。

息子の成長を振り返って

1歳10ヶ月の息子の身体能力について、直近の成長を振り返ってみる。

1歳4ヶ月ごろ

  • 大人だと徒歩10分ほどかかる距離を歩けるようになった

1歳5ヶ月ごろ

  • 足の指にカードを挟んでV字腹筋することができる
  • その場でぐるぐる回ることができる
  • 天橋立を臨くポーズでバランス取れる
  • そこからたまに前転する

1歳6ヶ月ごろ

  • 1回のジャンプに高さがでてきた
  • 遊具に張られた縄網を登れるようになった
  • シーソーやブランコにも乗れるようになった

1歳8〜10ヶ月ごろ

  • 小走りをするようになった

特にアンダーラインの部分は、2つ以上のことを同時に意識できた体験の内容だ。

缶ポックリは、紐をピンと張っていながら、重心移動の際バランスを保っていなきゃいけない

息子ができるようになったことを振り返ってみて、私は「缶ポックリもできそうだな〜」と感じた。

缶ポックリにチャレンジ!

まずは動作を噛み砕いて伝える。

缶ポックリチャレンジ

  1. お手本を見せる

    あーあー(僕もやりたい)!

    できそうと思っている証拠!
    さっそく缶ポックリを渡した

  2. 缶ポックリを置いて、それぞれの紐を進行方向側へ垂らしてセット

    右足と左足を乗せてみて。

    乗れたら紐を持って立ってみようか。

    バランスとりながら、スッと立てた。

  3. 糸を貼ったまま足踏みさせてみる

    糸はピ〜ン(ジェスチャー)で、右手、左手やで(関西)。

    足踏みっていうか、もう歩けている。

息子の缶ポックリデビューは1歳10ヶ月でした。

うまく伝えられたポイント

もし私が缶ポックリ初体験だとしたら、脚を動かして歩こうとしていたと思う。

実際に息子も、初めの1歩は脚を踏み変えて歩くものと思っていたようだった。

すると、手を動かさず足だけ踏み替えるものだから、

あぇ〜?(あれ〜?)

と言っていた。

上手く伝えられたので教えたポイントを載せておく

  1. 手を動かすから自然と脚を踏み出せる

ショベルカーみたいに「ウィ〜ン、ガシャン」だよ!

足元を見ず、進行方向の2メートルくらい先を見る

前方へ倒れることがない。

なにより、母としては缶ポックリによって息子の発達状況を知れたことが大きかった

  • 2つのことが同時にできること
  • 他人の真似をできること
  • 会話から動きを修正できること

会話を楽しみながら教育を進めたいんです。

動作のセンスを早めに磨くことは、息子にすごく有益なこと

武井壮さんひいてはプロアスリートは、身体の可動域をミリ単位で数値化するらしい。

武井さんの話に刺激された私が、息子にできること…、

それは、幼少期から動作のセンスを磨いておくことだと考えている。

簡単に言うと「いっぱい遊べ」ってこと。

早めの体験によって、息子自身の気持ちに余裕が生まれることを願っている。

(イメトレVR)社会に出ても運動のセンスってやっぱり必要!

将来の息子に想いを馳せてみると、やっぱり重要なことだと感じる

ここからは、息子の将来の夢を想定したVR空間です。

心配症な母は、時が来ればこんなことを言おうと企んでおります。

就学して自転車で遊びにいくようになったら

自転車が貴方の方へ走ってくると怖くない?

自転車に乗るなら急に止まれる速さで走ってね。

これを理解してもらう準備として、自転車で一緒に遊びにいくこと。

落ち着いて乗ることやマナー、危険なことの怖さを一緒に体験しておきたい。

息子がプロアスリートになると言ってきた場合

ここでは環境要因は抜きにしたセリフを想定しています。

自分の可動域を知り、技術の幅を広げる自分だけのプランを立てる必要が出てくるの。

自分の身体的特徴が他人と比べどう違うのか、その上で過去の成功事例を参考にしながら取捨選択する腕が試されるけれど、貴方にはそれができる?

息子がアスリートをサポートする立場を目指す場合

自分が立てたプランの組み立て方をベースにやっていくだろうから、今まで出した成績の根拠や課題は言えるなら、それが活きると思うよ。

ライ○ップのトレーナーをしている大学の先輩を見て思った(実話)。

身体障害がある方のトレーニングサポートを目指す場合

ワイドショー番組で、乙武さんが義足で歩くための超ハードなトレーニングをされていた。

乙武さんが伝えてくれた「歩く仕組み」は、ずり這いからハイハイというプロセスを経て歩いている私は気が付かないことだった。

たとえば「右脚を1歩踏み出す」とき、まず重心を左脚に移すと同時に左腕を前に振る。

その力を股関節から右脚に伝える(…だったはず)。

そんな無意識な行動に目を向けて、個々の方々の計画を立ててやっていくんだよ。

まとめ:幼少期の遊びは、相手を慮る第1歩

これは、母としても今後の教育にも助かる。

息子自身が周りとの物理的な距離感を察知できるようになってくれると、シンプルに修正(躾や教育)しやすくなる

あまりガミガミ怒りたくないし、少しの言葉でやり取りできたらないいな〜。

コメント(commen)

タイトルとURLをコピーしました