ちひろが考える家庭での就学前教育と3歳までに修了したドリル&図鑑

字を書くことの面白みは、幼児期の色々な経験を通して感じること。その一端を、線を引く・丸を描くという経験が担っていると思っています。

またこうした経験以前から、というか生まれたときから、耳にしてきた言葉のストックがありますね。言葉の発音を聞き取ることは、今も並行して行われています。

絵本・図鑑・ネット・かるたなどのおもちゃを通して、字をひとつひとつの意味を知るのが楽しいと思う時期は、就学前の幼児期に迎える気がしていました。

そして今、息子が3歳になり、その予想は外していないと思っているので、本来は小学校で習うことを今からしていってもいいのかな~と思うのです。

幼児期に身に付けさせたい①「運筆力」

絵本のひらがな・図鑑のカタカナを見て、

あぁ、カブトムシって書いてあるのか…(カブトムシの写真を見て)この虫のことね!

という発見ができるようになるのって、きっと幼稚園の年長さんあたりからですよね?

就学するまでに、ひらがな・カタカナ・アルファベットを読めるようになってくれたらいいな~とおもって、息子とおけいこをしています。

おけいこは間違えてもOK!特大の花丸を

幼児ですから、せっかくなら楽しくしたい。息子が3歳になるまでに終わらせた、おけいこドリルをこの記事の最後にご紹介しますね。

そして、小学生になったら同じような感覚で、漢字・英単語のおけいこをしていけばいいかなと思っています。

鉛筆を嫌がるときはクレヨンやマーカーで

幼児期の今は、ほぼ「めいろ」のような感覚で楽しんでいます。とにかく、「おけいこ」と言うと堅苦しいですが、私は「できなくて当たり前」だと思っています。

時にはクレヨンやマーカーでカラフルな色を何色も使って、ひとつのひらがなを書くこともあるんですよ。鉛筆を嫌がるときがあるからです。集中力が続かないのは、幼児期には何においても当たり前だと思っています。ネガティブな要素を極力省いてすると、割と楽しいみたいです。

3歳までに、「運筆力ドリル」と「ひらがな」ドリルはほぼ修了したので、次は「カタカナ」と「アルファベット」かなぁ。

幼児期に身に付けさせたい②「調べ方」

ネット検索と書籍で調べることを使い分けてほしいと考えています。私も夫もネットサーフィンが好きですが、この使い分けが子供のいる・いないに係わらず大切なことだと考えています。

もちろん、字が読めない幼児期から調べることはできません。けれど、親子で一緒に調べることをその都度していると、良い意識付けになると思っています。

親は、集中力をつけてやることしかできない

また、先ほど言った「集中力のなさ」ですが、子供って集中力がないのと裏腹に、「面白いことを見つける天才」でもあります。これらは、どちらも悪いことではないです。

ただ、親としてはここ一番の時に精神的なゆとりが生まれるような習慣をつけてやりたいのです。こうした考え方が、私が育児で最優先する考えとなりました。

そうすると、やはり対策できることは「集中力をつけてやる」ことしかありません。

「散漫」を避ける環境づくりは親の役目

例えば、公園で虫を見つけたとします。また、水族館で魚を見たとします。こういう体験をしたときに、「どんな名前かな?」と一緒に調べてみたいと思います。

文字が読めないうちは、図鑑の絵から探すことを覚えてくれたらいいな~と思っています。そして、見つけてくれた花や虫の名前を私が読む、というので良いと思っています。

息子の「なんで?」に「後でね」←言わない

しかし3歳の息子は、そもそもあの時見た虫を思い出すのが難しいようです(できる子はできると思いますが…)。たぶん原因はいろいろあって、シンプルにコツを掴んでいないのと、調べるまでの間に興味を持つことが増えるからだろうと推測しています。

この状況に親として対策を打たないと、「幅広く興味をもつ」という良さが「散漫」という方向へ行ってしまうような気がします。

外出中に図鑑を持っていくことは現実的ではないので、都合が良いかもしれませんがスマホで検索して解決するのは仕方ないことだと考えています。

子供の一生が消費傾向に向わないための重要ポイント

興味をもつことが楽しい。そして、それらを調べて深い所を知ったら、新しい発見がさらに楽しいという。調べる過程は手探りなんですが、鉱山で宝石を見つけるようなもので…。経験によって勘を働かせるようになると、宝石をザクザク掘り当てられる、みたいなイメージ。

受験には絶対的に必要な要素だと思うので、親が時間を管理できる幼児期には、絶対的にさせておきたいことです。

息子が3歳になるまでに修了したドリル

最後に、さっきお伝えしたドリルをご紹介しますね。

まず、1冊目はこちら。

【学参】くもんの はじめてのおけいこ
ひょうたん書店楽天市場店
¥ 726(2020/10/25 17:08時点)

2冊目はこちら…

3冊目はこち…略

4冊目はこ…

5冊目…

は、3歳を迎えてあと半分を残すところです(o^―^o)

これらをどのように進めていったのかについては、記事の最後にある表にまとめています。是非ご覧ください。

調べものに使っている図鑑

虫・魚・爬虫類に興味をもっています。

公園や玄関で見つけた虫を調べる時はこの図鑑で調べます。

また、私たち転勤家族は各地の水族館を定期的に訪れます。入館料、なかなか高いです。だから母がしっかり覚えて帰って、親子で図鑑を見返しています。

海の生き物だけじゃなくて、川に生息する生き物もいたりするので虫・魚が共生していることも感じてくれたらいいな~と思っています。

まとめ

ちなみに、爬虫類の図鑑は購入する予定ないです…。

この前、息子がヤモリに指を噛まれて驚いて泣いてました。ヤモリ、歯ないのにw

コメント(commen)

タイトルとURLをコピーしました